So-net無料ブログ作成
検索選択

永遠の0 あらすじ [永遠の0 あらすじ]

スポンサーリンク


永遠の0 あらすじ

映画化でも話題になった『永遠の0』

『永遠の0』は百田尚樹さんのデビュー作で2006年に発表後
2009年に発売されてからの累計売上が100.4万部となり、100万部を突破したそうです。
文庫部門13作目の100万部突破としてかなり話題になっています。

【永遠の0 あらすじ】
「生きて妻のもとへ帰る」 日本軍敗色濃厚ななか、生への執着を臆面もなく口にし、
仲間から「卑怯者」とさげすまれたゼロ戦パイロットがいた……。

人生の目標を失いかけていた青年・佐伯健太郎とフリーライターの姉・慶子は、
太平洋戦争で戦死した祖父・宮部久蔵のことを調べ始める。
祖父の話は特攻で死んだこと以外何も残されていなかった。

元戦友たちの証言から浮かび上がってきた宮部久蔵の姿は健太郎たちの予想もしないものだった。
凄腕を持ちながら、同時に異常なまでに死を恐れ、生に執着する戦闘機乗り・・・それが祖父だった。

 「生きて帰る」という妻との約束にこだわり続けた男は、なぜ特攻に志願したのか?
  健太郎と慶子はついに六十年の長きにわたって封印されていた驚愕の事実にたどりつく。



『永遠の0』は映画化でも話題になっています。
ゼロ戦パイロット・宮部久蔵をV6の岡田准一さん
久蔵の驚愕の真実を解き明かしていく現代の若者で孫・佐伯健太郎を三浦春馬さん
久蔵が生涯愛し続けた妻・松乃を井上真央さんが演じます。
監督は『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズの山崎貴監督です。

2013年には映画が公開されるので、そちらも楽しみですね。


原作を読んだ人の感想ですが賛否両論でした。

特攻隊についてかなり詳しく書かれているようで
ノンフィクションとフィクションの区別がつけにくいという人

単純に感動した人

色々な感想が出てくるようです。
映画になると、原作とまた違った表現が出てくるかもしれないので
原作もきちんと読んでみたほうがいいですね。

【送料無料】永遠の0 [ 百田尚樹 ]

【送料無料】永遠の0 [ 百田尚樹 ]
価格:920円(税込、送料別)



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121010-00000336-oric-ent



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
任天堂

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。