So-net無料ブログ作成
検索選択
ぼくのなつやすみ ドラマ ネタバレ 最終回 ブログトップ

ぼくのなつやすみ ドラマ 最終回 ネタバレ [ぼくのなつやすみ ドラマ ネタバレ 最終回]

【ぼくのなつやすみ ドラマ ネタバレ 最終回】

今日最終回が放送された『ぼくのなつやすみ』
昼の番組なので見れなかった人もいるんでしょうね。
『ぼくのなつやすみ ドラマ ネタバレ 最終回』の検索が多いみたいです。

せっかく見たのでネタバレを書いておきます。

祐一(天野浩成)が兄和也(井上正大)からもらったお守りを
めちゃくちゃにしようとしたのを見たはる菜(有村架純)は
お守りを取ろうとして、祐一(天野浩成)に押され、ベットにお腹を打ち付けてしまいます。

お腹をおさえるはる菜は流産してしまいました。

病院のベットで横になっているはる菜を見て
祐一の母親は「子供もいなくなったことだし、これで離婚できる」といいますが
祐一ははる菜と別れたくないといって親子で言い合いをします。

そこにきた和也ははる菜を抱きかかえ「うちにつれて帰ります」と言って
家に連れて帰りました。

ここに住んでもいいという和也にはる菜は祐一の元へ戻って
またやり直すといいます。

翌日、はる菜は置手紙をして祐一の元に戻りました。
でも祐一は和也とはる菜の仲を疑いすぎて、どんどんおかしくなっていきます。

はる菜が病院で掃除をしていると「寝ていなくちゃダメだ」と部屋に連れて帰り
扉が開かないように外から鍵をかけてしまいます。


閉じ込められているはる菜の家に知佳がやってきます。
そしてこんなところを祐一に見つかったら知佳が危ないと心配するはる菜。
そこへ祐一が現れて、知佳と祐一は病院で話をして・・・。


裕一が和也とはる菜のことが気になっていること
そして、知佳に和也をつなぎとめてもらおうとしていることを知り
知佳はある考えを持ちます。


それは、子供と2人で和也の元を出て行くことでした。


裕一は電話で和也をバーに呼び出します。
それを聞いたきくちゃんははる菜にそのことを教えます。


バーに現れた和也。
裕一はバーに行き、灯油をまいて火をつけます。
みんながあわてているところにはる菜が駆けつけ、「お兄ちゃん」と言って
火がまわっているバーに入っていきます。
でも和也はいません。
火が出る前に外にいたのでした。


裕一がはる菜の名前を呼んでいるのを聞き、
和也ははる菜がバーの中にいることに気付いて入っていきます。


意識がもうろうとするはる菜。
そこに和也が助けに入ってきて、逃げようとしたところに
バーの柱が倒れてきて、和也は足を挟まれて動けなくなります。
和也ははる菜だけでも助かるように「逃げろ」といいますが
はる菜は逃げませんでした。
そのまま2人は火の中、はる菜が和也を抱いています。


時はかわって2012年の夏。
牧場に「お兄ちゃん」と呼ぶ声が。
そこに現れたのは歳をとった和也(宇津井 健)とはる菜(由紀さおり)
2人はあのまま助かり、そのまま歳をとったみたいです。
2人で牧場に来た兄妹を見ながら、頑張って生きてきたなと実感しながら
話は終わりました。


うーん。全然思っていた最後と違いました。
火事を見たとき、そのまままた現代に戻って
戻った時にはまた子供の姿?とか
色々想像しましたが、こんな最後になるとは。
ちょっと拍子抜けしたような・・・。


ぼくのなつやすみのネタバレ最終回あらすじでした。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
ぼくのなつやすみ ドラマ ネタバレ 最終回 ブログトップ
任天堂

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。